特定口座とは

株で利益を上げた場合に税金の申請をしなくてはいけません、そこで便利なのが特定口座です。

特定口座とは何か

特定口座を利用すると各金融機関が自分の取引に関して年間取引報告書を作成してくれます、これによって自分の年間の取引の中でどの程度の利益が出ているかどうかを客観的に把握をしていく事ができます。都度頻繁に売買を行っていく方にとってはこのような取引明細を作成する手間が省けるという利点があります。

時は金なりと申します、投資家として自分の貴重な時間は投資の学習に当てる為にも不要な作業はなるべく証券会社に任せるようにしていく事で無駄な時間やコスト削減になります。

国債や社債の売買などのみに証券口座を利用する場合は特定口座は使えないので一般口座になりますがそれ以外の場合は特定口座を作るようにしましょう。

源泉徴収ありかなしかを選択

自分の投資を行っていく上で税金等に関する問題は必ず発生する問題ですので、自分の収益を上げる為には必ずやこのような税金の問題を考える事が重要な事となります。

特定口座の中でも源泉徴収あり、と源泉徴収かなしを選ぶ事ができます。

源泉徴収ありを選んでいくと確定申告は不要となりますので、その点を考えるとやはり特別な理由でもない限りは源泉徴収ありの特定口座を開設する事が一般的な投資家にとっては大変便利な事となります。

他にも一般口座もありますがこれも普段、他に事業を多角化している等の理由がない限りにおいては選択する事はあまりないのですから、自分の投資目的や他の収益や確定申告の関係から最適な口座を選らんで無駄な時間を過ごさないようにする事が賢い投資家となる秘訣です。税金の問題等は複雑ですが、これをきちんと理解する事で自分の投資を愉しんえ

こちらの記事も一緒に読まれてます。

株にかかる税金について

nisaとは