株にかかる税金について

株式投資はれっきとしたビジネスです。このようなビジネスを行っていく事で利益や損失を計上したような場合は当然ですが、税金が発生します。

年間を通じて多くの売買を行っていく中でいかにしてこのような収益を上手く管理してきちんとした確定申告や納税を行っていけるかという事を考える事は投資を行っていく上でも大変重要な意味を持つのです。

普段から自分らしいきちんとした健全な投資を愉しんでいく事はこのような税金等に関しても適切な知識を持つ事が大変重要な事となります。税率から損益通算の考え方等をきちんと理解する事が重要な事となります。

株の税金は20%

株式投資を行っていく中で年間を通じて発生する利益に対しては比較的高額な税率が適応される場合が多いですので、自分の投資を行っていく際にはこのような税率に関しても十分な注意を払っていく必要があります。

普段から自分の売買に関して20%税金が引かれる事をきちんと理解してそのような点に十分な配慮を行って投資収益の目安を立てる事が一つの指針となります。

株式の値上がり益だけではなく、配当に関しても税金が当然のように税金がかかりますので、そのような事を十分に理解しているかどうかで、確定申告の際に他の給与所得との合算等の際に大きなトラブルを抱える事なくスムーズな申告を行っていく事ができます。

損益通算の仕組みとは

投資を行っている方は複数の証券会社に口座を開いている方も多いのではないのでしょうか。

このような方にとっては一つの会社で計上した損失を片方の利益の出ている口座の利益と通算する事も可能となります。

このような損益通算の方法で余計な税金を払う必要がなくなるのです。

また年間を通じてマイナスになった時でも次の3年間で利益を出したような場合は繰越でその損失を通算する事ができますので、このような仕組みを上手く活用する事で自分の利益にかかる税金を大きく減らす事も可能となります

。税金は当然ですが収めるものですが、不要な税金を払っていかない事も時には大変重要な事となるのですから、十分な注意を払って毎年の確定申告の際には税金に関して調べる必要があります。

勝つ方法と同時に税金を上手く減らしたり、通算をする事を考える事が株式投資においては大変重要な方法となります。サラリーマンの方は特に給与や他の生命保険等と合算する計算方法を知る事も重要な考え方となります。

こちらの記事も一緒に読まれてます。

特定口座とは

nisaとは