nisaとは

株式投資は多くの方にとって大変重要な事となります。自分の資産を上手く活用をする事で大変多くの方が自分の資産運用を愉しんでいく事ができます。

株式投資は時に大変大きな利益を手中に収める事ができますので、誰でも信用取引等の高いレベレッジを活用して最適な投資を行っていく事ができます。

しかし、ビジネスである以上、株式投資には税金がかかりますので、その点に関しては十分な学習を行っていく事で自分が折角稼いだ収益をいかにして上手く節税を行っていけるかどうかを考える事に繋がっていきます。

最近ではnisaと呼ばれる口座を上手く使って自分の非課税とする事ができる時代となっています。

nisa口座のメリットとは

Nisa口座を上手く活用する事で自分の投資収益を大きく上げる事ができます。

株式投資は本来なら約20%の税金が売却益や、配当に関してかかりますが、nisa口座では年間を通じて得た利益のうち120万円までが非課税となるのです。

また通常なら株式投資で得た利益は確定申告が必要となるのですが、nisa口座なら確定申告も不要ですので、毎年かかる確定申告の手間が省けるので大変スムーズな売買が可能となります。

このような制度は少額の投資を行っているような個人投資家の方にとっては大変嬉しいシステムですので、是非、口座開設を行っていく事で自分の資産を増やす事を考えてはいかがでしょうか。

nisa口座のデメリット

しかし、nisa口座が何から何まで便利かというと決してそうではないので、その点に関しては十分な注意を払っていく事も大変重要な事となります。

特定口座で出た利益とnisa口座での損失を合算する事はできませんので、特定口座で発生した利益に関してはまるごと課税対象となるので、その点に関しては十分な注意を払っておく事が重要な事となります。

普段から最適な方法で自分の収益管理を行っていく事を考える方にとってはきちんとした管理をして少しでも税金を安くする方法としてnisa口座を存分に活用する事がとても重要な意味を持つのです。

20%という税金は大変高い金額となりますので、毎年少しでもこのような税金負担を軽減していきたいと考える方であれば是非、nisa口座を上手く活用していく事で存分に多くの収益を上げる事が可能となります。税金に関する適切な知識を持つ事も投資家にとっては大変重要なマナーとなります。

こちらの記事も一緒に読まれてます。

株にかかる税金について