株主優待メリットとデメリット

株式投資を行っていく上で株主優待等は多くの方が投資を行っていく上でも大変な楽しみとしているのではないのでしょうか。

自分の投資のパフォーマンスを考える時に株主優待を上手く活用していく事で自分の投資の幅をどんどん広げていく事が可能となるのです。

普段から自分の投資を上手く行って行くためには、いかにして素敵な銘柄を選らんで自分の投資を成功させるかどうかを考える事は重要です。
普段から自分の投資を上手く楽しんで行くために、必要な方法として株主優待がある銘柄を選らんで投資を行っていく事を考えてみてはいかがでしょうか。

株主優待のメリットとデメリットを考える

自分の投資を行っていく上で株主優待は大変重要な方法となるのです。

普段から自分の投資を行って行く中で長期的な分散投資を行っていく事は多くの方にとっても大変重要な事となるのです。

このような長期分散投資を考える中で株主優待に特化した長期的なドルコスト平均法を考える事は大変重要な意味を持つのです。

株主優待のメリット

優待銘柄で同時に大変安定して値動きをする銘柄であるなならば、まずは長期保有を前提としてドルコスト平均法を使って安く長期的な保有を行っていければ、配当や株式の値上がり益で大変多くの成長の果実を得る事が可能となります。これが一般的な株式の長期保有の原則です

株主優待のデメリット

株主優待は時に自分が欲する銘柄の購入を行って行くために大変多くの金銭的な負担を強いる場合があるので、その点に関しては十分な注意が必要となるのです。

株式投資を行っていくにはやはり普段から多くの収益を上げるために一定の金銭は必要となります。

そのような時に東証一部の値がさ株の購入を行っていくと大変多くの金額を必要とする場合があるので、十分な金額と一定期間は保有を行っていく覚悟が必要です

まとめ

普段から長期保有を前提としていますので、自分の保有する株式が横ばいなのを尻目に他の株価が上昇するような場合でも心房強く保有を行っていくようにしましょう。

配当や優待を得るにはそのような成長の果実を我慢して待つ事も重要な事となるのです。年に数回の優待を取るか短期的な売買で利ざやを稼ぐかが重要なポイントの分かれ目となるのです。